Beauty Force

届けたい、いま美容師にできること Beauty Force

美容界災害支援団体

私たちは美容を通じた
災害支援活動に賛同しています。

支援活動報告

6月18日午前7時58分ごろに大阪北部震災が発生しました。
この度、亡くなられた方へのご冥福を謹んでお祈り申し上げるとともに、不自由な生活を余儀なくされている方々に心よりお見舞いを申し上げます。

地震の発生から7日目を迎えた24日、以下のような現状になっております。

大阪府で震度6弱を記録したのは観測態勢が整った大正12年1月以降初めて。消防庁などの集計によると、24日現在で地震による死者は5人、負傷者は7府県で416人。住宅被害は大阪府で全壊3棟、半壊19棟を含む6235棟、京都府552棟、奈良県3棟、兵庫県2棟。24日午後3時現在、大阪府で529人、京都府で10人が避難所に身を寄せています。

被害の大きかった、高槻市内でも最大119カ所の避難所が開設されたが、24日正午現在、15カ所にまで減少しています。いまだに避難生活を送る人の多くが、1人暮らしや体が不自由な高齢者となっています。余震のときにとっさの行動ができないなどの不安から「自宅で一人で夜を過ごすのが怖い」と訴える人が多い状況になっています。

美容の災害支援団体Beauty Forceとして、避難所の状況をみて、美容の支援が必要と判断した場合、いつでも動けるように準備をしていきたいと思います。

本日、3.11 東日本大震災より7年が経ちました。

東日本大震災で亡くなった方に心よりご冥福をお祈りいたします。

東日本大震災の美容支援のためにできたBeauty Forceは今後も被災した方への応援をしていきます。また、新生Beauty Forceとして、広く国内の美容の災害支援のために活動をしてまいります。

美容界災害支援団体 Beauty Force

 

 

この度、2月28日に Beauty Forceの総会を開催させていただきました。

当日は、旧Beauty Forceの会計報告から、Beauty Forceの2017年度の会計報告および活動報告、また昨年の九州北部豪雨の支援活動の報告並びに2018年に向けてのBeauty forceの方向性についてもお伝えさせていただきました。

代表の尾崎さんから
美容界災害支援団体、新生Beauty Forceとして無事に1年目を終えたことに感謝の思いを伝えていただきました。

     

事務局より、2017年度の会計報告および支援報告をさせていただきました。

Beauty Force 2016年度(4月1〜731)の会計報告はこちらになります。

 2016年8月1日から12月31日は 旧Beauty Forceから新生Beauty Forceへの移行期間になります。

新生Beauty Force 2017年度 の会計報告はこちらになります。

その上で、2017年7月10日に行った、Beauty Force 復興支援イベントin 宮城の収支報告はこちらになります。こちらの経費3,245,405円を東日本大震災のために使用したとして計上させていただきます。旧Beauty Forceの支援金残高2,265,462円は本来、東日本大震災に使用するべき支援金で、熊本の震災支援に使用した799,300円を合わせた金額、旧Beauty Forceの支援金の残り合計3,064,762円の全てを今回の東北復興支援イベントで使い切らせていただきました。

 

これで旧Beauty Forceの支援金は全て使い切ったことになり、旧Beauty Forceの会計報告を終了とさせていただきます。今後は新生Beauty Forceとして、国内の美容の災害支援に使わせていただきます。

旧Beauty Force 過去6年間の支援金合計金額は34,216,263円でした!大変にありがとうございました。

また、今回新生Beauty Forceになるにあたり、12月決算に変更させていただきました。そのため、総会は毎年2月末頃に行います。

さらに、この度、Beauty Forceの監事として新たに
税理士の山田典正さんに就任していただきました。

次に九州北部豪雨の物資支援の報告をさせていただきました。

九州北部豪雨、当時の様子
一番被害の大きかった地域、朝倉市の災害ボランティアセンターに確認をしたところ、その時点で避難所に711人、そのうち女性が370人おりました。

【必要な美容の支援物資】
生活必需品はすでに整っており、美容物資において基礎化粧品はすでにあるが、以下のようなメイク用品が足りないとのことで支援をさせていただきました。
ファンデーション、アイブロー、メイク落とし

また、近くの温泉施設にて頭を洗う際に以下のものを不足しているとのことで、
シャンプー、トリートメントのトラベルサイズ版、サッシェ等の小分け版を支援させていただきました。

この度の九州北部豪雨 美容支援物資では以下の企業に美容の支援物資のご協力をいただきました。大変にありがとうございました!

会社名:アヴェダサービス株式会社
支援物資:
①インヴァティ シャンプー   10ML 500個
②インヴァティ コンディショナー10ML 500個
送付日:2017年 7月29日(土)
送付先:朝倉市災害ボランティアセンター

会社名:日本ロレアル株式会社
支援物資:シャンプー、トリートメント 合計44箱 (20,000個)
SE アブ゙ソルートリピディMQ15  4000個
SE リスアンリミテッド マスク 15            5000個
SE リスアンリミテッドシャンプー10    5000個
SE ルミノコントラストSMP10PF  1000個
SE ルミノコントラストマスク15PF     1000個
送付日:2017年8月7日
送付先:朝倉市災害ボランティアセンター

会社名:株式会社きくや美粧堂 
支援物資:シャンプー&トリートメントのサッシェ 
数量: 350セット(ダンボール1箱)
送付日:2017年 8月9日(土)
送付先:朝倉市災害ボランティアセンター

会社名:株式会社ガモウ
支援物資・数量:
1.オリオセタ
  ・モイスチャーシャンプー サッシェ:350枚
  ・モイスチャーマスク サッシェ:350枚
2.ユーグレナ
  ・モイストクレンジングウォーター サッシェ:300枚
  ・化粧水 サッシェ:300枚 
3.資生堂
  ・アクアインテンシブシャンプー サッシェ:200枚
  ・アクアインテンシブトリートメントサッシェ:200枚 
4.アンリサンク
  ・リキッドファンデーションH02ミディアム:100個
  ・アイブロウペンシルH02ブラウン:100本
送付日:2017年 8月
送付先:朝倉市災害ボランティアセンター

2017年度の支援報告、会計報告、組織体制について承認を行いました。
詳細はこのブログの最後に記載させていただきます。

2018年の支援説明として、大きな方針を2つ発表させていただきました。

⑴新生Beauty Force賛同者 を増やす!

⑵有事の災害に動ける体制を整える!

になります。今後は新生Beauty Force 賛同者募集用チラシを用意してさらに賛同者を募ってまいります。

新生Beauty Force 賛同者募集のご協力をしていただける方または企業は以下の事務局までご連絡ください。チラシを送付させていただきます。

最後にサポートメンバーそれぞれに、一言ビューティフォースにかける思いを話していただきました。

ANTIの小松さん

RUALAの角さん

 Difino の土橋さん

Terrace AOYAMAの木村さん

Beauty Force 総会は実行委員長のFEERIE 新井さんの挨拶で締めていただきました。

終了後に簡単な懇親会を開催させていただきました。
メーカー、デイーラーの皆様を代表して、ロレアルの小滝さんに乾杯のご挨拶をしていただきました。
ご協力いただいている、メーカー、デイーラーの皆様、いつもありがとうございます。

協力いただいた企業の皆様、大変ありがとうございました!

Beauty Force 復興支援イベントin 宮城および2017年度の協賛企業はこちらでした。

【協賛企業】  12社

アヴェダサービス株式会社
株式会社ガモウ
株式会社きくや美粧堂
窪田理容美容専門学校
株式会社ジェニュイン
株式会社タガミ・サンビューティー
タカラベルモント株式会社
株式会社ナプラ
株式会社フジシン
株式会社ミルボン
株式会社ワイマック ジュエルコスメティックス
株式会社ダリア

ご協力、大変にありがとうございました!

2017年 Beauty Force 復興支援イベントの協力企業はこちらになります。

【協力企業】 37社

有限会社平山美容商会 株式会社セフテイ仙台 株式会社丸美商会 有限会社仙台美粧堂 有限会社仙台フォード 有限会社美容商事美光 有限会社ワイド美容商事 仙台タイラ美容商会 株式会社ビューティプロモーション・サポート 株式会社アシスト・エス 株式会社タチカワ 株式会社センビ商事 株式会社アポロ商事 株式会社光美容化学 株式会社アルファコーポレーション

天野商事岩手有限会社 株式会社イワテ美容商事 イワテベルム美材  有限会社シブヤ 有限会社平商会水沢 有限会社平商会盛岡 株式会社名久井 有限会社フジ美容商事 有限会社装美 資生堂プロフェッショナル株式会社 日本ロレアル株式会社 株式会社佐藤伊七商店 株式会社菅野 株式会社菅野二郎商店 株式会社玉川 天野商事株式会社 有限会社荘司商店 株式会社瀬戸商会 株式会社大和美容商会 「東日本大震災」美容師支援活動ネットワーク本部HELP FROM BEAUTY 岩手県美容業生活衛生同業組合 宮城県美容業生活衛生同業組合 

 

<主催・サポートメンバー>

◆Beauty Force 組織体制◆

代表:尾﨑隆司(INSOLITE BEAUTE)
実行委員長:新井唯夫(FEERIE)
柏木ゆたか(HOULe)
木村文一(Terrace AOYAMA)
小松利幸(ANTI)
斉藤充弘(RED HOT)
土橋勇人(DIFINO)
西海洋史(CALON)
宮村浩気(afloat)
角薫(RUALA)
上田美江子(Mieko Ueda STUDIO)
坂巻哲也(apish)
足立英也(masago)
北村慎太郎(Ivory inc.)
竹林暁哉  (事務局)
山名芳雄  (事務局)
山田典正 税理士(監事)

以上ご不明な点などございましたら、下記事務局までお問い合わせください。
よろしくお願い致します。

*********************************************************
Beauty Force事務局
〒141-0031東京都品川区西五反田3-8-3町原ビル3F
Tel :03-6420-0878
Fax :03-6730-1736

Email:info@beauty-force.org
URL: https://beauty-force.jp

【こちらの支援活動、現地の状況が落ち着いてきましたので、一旦終了とさせていただきます。】

この度の九州北部豪雨 美容支援物資では以下の企業に美容の支援物資のご協力をいただきました。大変にありがとうございました!

会社名:アヴェダサービス株式会社
支援物資:
①インヴァティ シャンプー   10ML 500個
②インヴァティ コンディショナー10ML 500個
送付日:2017年 7月29日(土)
送付先:朝倉市災害ボランティアセンター

会社名:日本ロレアル株式会社
支援物資:シャンプー、トリートメント 合計44箱 (20,000個)
SE アブソルート リピディSP10  4000個
SE アブ゙ソルートリピディMQ15  4000個
SE リスアンリミテッド マスク 15            5000個
SE リスアンリミテッドシャンプー10    5000個
SE ルミノコントラストSMP10PF  1000個
SE ルミノコントラストマスク15PF     1000個
送付日:2017年8月7日
送付先:朝倉市災害ボランティアセンター

会社名:株式会社きくや美粧堂 
支援物資:シャンプー&トリートメントのサッシェ 
数量: 350セット(ダンボール1箱)
送付日:2017年 8月9日(土)
送付先:朝倉市災害ボランティアセンター

会社名:株式会社ガモウ
支援物資・数量:
1.オリオセタ
  ・モイスチャーシャンプー サッシェ:350枚
  ・モイスチャーマスク サッシェ:350枚
2.ユーグレナ
  ・モイストクレンジングウォーター サッシェ:300枚
  ・化粧水 サッシェ:300枚 
3.資生堂
  ・アクアインテンシブシャンプー サッシェ:200枚
  ・アクアインテンシブトリートメントサッシェ:200枚 
4.アンリサンク
  ・リキッドファンデーションH02ミディアム:100個
  ・アイブロウペンシルH02ブラウン:100本
送付日:2017年 8月
送付先:朝倉市災害ボランティアセンター

※他に美容の支援物資を送付した企業、または個人の方がおりましたら、こちらのメールまでご連絡をください。info@beauty-force.org

 

九州北部豪雨 美容支援物資 ご協力のお願いは以下の内容でした。

この度、皆さまご存知の通り、7月5日から6日に九州北部地方において集中豪雨による災害が発生しました。特に、福岡県朝倉市付近では3時間で約400mm、12時間で約900mmの雨量が解析され,朝倉市の山間部では局地的に9時間にわたり、気象観測史上でも最大級の集中豪雨となり大きな被害となっています。
Beauty Forceとして、被災地の災害ボランティアセンターと連携を取り、美容の支援が必要との声をいただきましたので、この度の九州北部豪雨災害の美容支援を実施させていただきます。
つきましては、賛同企業ならびに賛同者の皆さまに、できる限りで構いませんので、以下のようなご協力をお願いしたいと考えております。

【被災状況】
現在、福岡、大分両県で計34名の死亡が確認されています。7月6日午前8時30分までに福岡・大分両県を中心にした合計約51万7900人に避難指示や避難勧告が発表された。また、両県の合計29地区の集落が一時孤立状態となっています。7月14日現在、一部損壊以上計199棟、床上床下浸水計464棟の住宅被害が確認されています。

【避難状況】
一番被害の大きかった地域、朝倉市の災害ボランティアセンターに確認をしたところ、現時点で避難所に711人、そのうち女性が370人おります。

【必要な美容の支援物資】
生活必需品はすでに整っており、美容物資において基礎化粧品はすでにあるが、以下のようなメイク用品が足りないとのことです。

  • ファンデーション
  • アイブロー
  • メイク落とし

また、近くの温泉施設にて頭を洗う際に以下のものを不足しているとのことです。

  • シャンプー、トリートメントのトラベルサイズ版、サッシェ等の小分け版

 

【美容の支援方法および物資送付先】

①今回の美容支援にご賛同いただき、上記の支援物資の供給が可能な賛同者ならびに賛同企業は以下の避難所に直接、支援物資を送ってください。避難所にはBeauty Forceの美容支援物資として、物資が届くことをお伝えしています。

②以下の事務局のメールアドレス(info@beauty-force.org)まで、物資の送付の際に御社名、御担当者名、物資の内容、数量、送付日をお送りください。

※今回は緊急で対応が必要なため、直接現地に送っていただくことにさせていただきます。そのため物資お届けの証拠写真等を取れないこともありますが、その点はご了承ください。

 〒838-0061
福岡県朝倉市菩提寺21-4
甘木体育センター
災害支援ボランティアセンター 宛
TEL: 0946-22-1111

 

支援物資の送付の際に宅急便の備考欄に以下の記載をお願い致します。

Beauty Force 美容支援物資

物資名:        
数量:
ご依頼主:
御社名:

【注意事項】

支援物資の送付に関して、上記以外の支援物資は送らないでください。
また、支援物資は未開封のもので、使用期限切れ前のものをお願い致します。

引き続き、現地の情報を収集の上、
必要な美容の支援活動をして実施して参ります。

以上よろしくお願い致します。

 

ご質問等ありましたら以下の事務局までお願い致します。 

< Beauty Force事務局>
〒141-0031 東京都品川区西五反田3-8-3 町原ビル3階
Tel: 03-6420-0878 Fax: 03-6730-1736           
Email:info@beauty-force.org 
URL : www.beauty-force.jp     

Beauty Force 復興支援イベント in 宮城
宮城県仙台市の仙台国際センターにて、860人の方にご参加いただきました!
東北の美容業界を盛り上げると共に、
美容に特化した災害支援団体として、新たな船出となるイベントになりました!
ご協力いただきました、メーカー様、ディーラー様、ご参加いただいた美容師の皆様、全ての関係者の皆様、大変にありがとうございました!

今回の最終的な7月10日の動員数の内訳は以下になっております。
前売り・当日券    501人
美容学校生(無料招待)280人
協賛・協力メーカー・ディーラー・ジャーナル(無料招待)44人
関係者                         35人
合計                                 860人
今回の復興支援イベントの収支報告については後日になります。

 

多くの方に喜んでいただけました。
今回のイベントの内容は以下のようになっております。
この復興支援イベントには、Beauty Forceのメンバーとともに、その仲間たちが集まり、総勢15名の出演者が駆けつけました。イベントでは、例年と同じく来場者の中からモデルを募集し、15名のスタイリストがリアルカットやアレンジを披露しました! サロンワークに即活用できる、実践的なセミナーを提供しました。

BeautyForce復興支援イベント in 宮城がスタート!
開会式では、ご来場の皆様に出演者がステージからご挨拶。
今回もMCは軽快なトークの木村文一さん。
出演者の紹介のあと、代表の尾崎さんより開会の挨拶がありました。

震災から6年が経ちましたが、被災から、復興、そして再生に向けて現地も移り変わっています。しかし完全な再生まではまだ遠い道のりが続きます。だから私たちは応援を続けます。
メンバー全員で駆けつける、年に一度の豪華復興支援イベント、今年は4年ぶりに宮城に戻ってきました!
総勢15名のスタイリストが明日からサロンに役立つ最新技術を披露する、熱い美容イベントです。
また、今回は新生Beauty Forceに生まれ変わって最初のイベントになります。当日のイベントでは新生Beauty Forceの趣旨に賛同していただける賛同者を募りました。皆様、ご協力、どうぞよろしくお願い致します。
※新生Beauty Forceの詳細は以下の賛同者募集ページからご確認ください。

今回のプログラムは5チームにわかれて3会場で行われました。
オープニングとクロージングのイベントは大ホールで開催。
実演は桜と橘の2会場に分かれて行いました。

 出演者:合計15人
会場:橘(たちばな)
グループA:新井さん、瀧本さん、角さん 
会場:桜(さくら)
グループB:上田さん、木下さん、足立さん
グループC:尾崎さん、木村さん、毛利さん
グループD: 土橋さん、原田さん、時枝さん
グループE: 柏木さん、北原さん、高木さん
時間割:オープニング:20分、前半:50分、休憩10分
後半:50分、閉会式:移動含めて50分

Beauty Forceは2011年4月の震災直後から活動をはじめ、足掛け6年にわたり活動を続けてまいりました。
復興支援イベントは2013年に宮城県仙台市で1000人、2014年福島県郡山市で1200人、2015年岩手県盛岡市で1400人、そして1年をおいて今年2017年に、再び宮城県仙台市にて開催させていただきました。
少しでも東北の美容業界を盛り上げる後押しが出来たのであれば嬉しいです!ここまで足掛け6年、多くの人のご協力でこれまでの支援活動や、復興支援イベントを開催させることが出来てきました。
大変にありがとうございました。心より感謝申し上げます。
まだまだ復興への道のりは遠く、長いと思いますが、私たちに出来ることを継続していきます。

Beauty Forceは同じ美容師として、
東北でがんばる美容師を応援していきます!!

今回の復興支援イベント、多くの協賛企業、協力企業にご協力をいただき、実現することができました。大変ありがとうございました。

【協賛企業】

アヴェダサービス株式会社
株式会社ガモウ
株式会社きくや美粧堂
窪田理容美容専門学校
株式会社ジェニュイン
株式会社タガミ・サンビューティー
タカラベルモント株式会社
株式会社ナプラ
株式会社フジシン
株式会社ミルボン
株式会社ワイマック ジュエルコスメティックス
株式会社ダリア

【協力企業】

有限会社平山美容商会 株式会社セフテイ仙台 株式会社丸美商会 有限会社仙台美粧堂 有限会社仙台フォード 有限会社美容商事美光 有限会社ワイド美容商事 仙台タイラ美容商会 株式会社ビューティプロモーション・サポート 株式会社アシスト・エス 株式会社タチカワ 株式会社センビ商事 株式会社アポロ商事 株式会社光美容化学 株式会社アルファコーポレーション

天野商事岩手有限会社 株式会社イワテ美容商事 イワテベルム美材  有限会社シブヤ 有限会社平商会水沢 有限会社平商会盛岡 株式会社名久井 有限会社フジ美容商事 有限会社装美 資生堂プロフェッショナル株式会社 日本ロレアル株式会社 株式会社佐藤伊七商店 株式会社菅野 株式会社菅野二郎商店 株式会社玉川 天野商事株式会社 有限会社荘司商店 株式会社瀬戸商会 株式会社大和美容商会 「東日本大震災」美容師支援活動ネットワーク本部HELP FROM BEAUTY 岩手県美容業生活衛生同業組合 宮城県美容業生活衛生同業組合 

 

【出演メンバー】

出演者:15名

尾﨑隆司(INSOLITE BEAUTE)
新井唯夫(FEERIE)
柏木ゆたか(HOULe)
木村文一(Terrace AOYAMA)
土橋勇人(DIFINO)
角薫(RUALA)
上田美江子(Mieko Ueda STUDIO)
足立英也(masago)
北原義紀(SORA)
原田タダシ(ROSSO)
毛利俊英(Tricca)
時枝弘明(uka)
木下裕章(KINOSHITA GAIEN EAST STREET)
瀧本明貴子(ZA/ZA)
高木裕介(U-REALM)

【主催】Beauty Force
東京都品川区西五反田3-8-3 町原ビル3F
TEL:03-3779-0855 FAX:03-6730-1736
E-mail: info@beauty-force.org 

 

追伸:

既存のBeauty Forceの活動から
6年間継続してきて、
継続は力なりを実感しています。
また、続けることの大変さも実感しています。
今後もカタチを変えながら、継続して美容の支援活動を進めてまいります。

Beauty Forceは災害時の美容に特化した支援団体です。
Beauty Force は災害時に被災された方々の美容支援や、被災地の美容関係者を支援していきます。
美容師や美容学校生、美容関係の企業の皆様のご協力をお願いしています。
現在、賛同者を募集しています。
是非ともご賛同署名頂きますよう、宜しくお願いします.

賛同について

 

協賛する

ページトップへ戻る